企業の社員様向けカスタマイズ思考トレーニングプログラム

法人様向けカスタマイズプログラムをご提案しております。

   

日本のこれからの成長の鍵は”思考力”

   

経営力を強化戦略として、GAFAを始めとする外資系企業は全社員一人一人が経営者視点を持つための社員教育に注力しています。日本の企業はまだまだトップダウン。いずれ競争力が失われM&Aで飲み込まれるのではとの予測も出ています。また日系企業も正社員を個人事業主へ切り替える取り組みもで初めています。こうした動きを受ける時、貴社の社員の方々が変化も生き抜ける思考力を持ち合わせていることで、柔軟に対応が可能ではないでしょうか?

ご提案したいことは、管理職や営業職だけではなく特に事務職など一般職の社員を含む全社員の思考力強化です。全ては思考から始まると言われるほど、思考力は非常に重要な力です。

ところが海外とは以下の教育方式からも分かる通り、思考力に大きな差が生じています。

日本の教育はすでにある法則やルールの中に当てはめていく方式となる演繹法と言われており、一方でアメリカなど海外の教育はコンサル型とも言われる帰納法です。これは答えがないものを仮説を組み立てて見つける方法。

いかがですか?教育の時点で思考教育にこれほどの格差があるのが現状です。

問題を解決するためのアイデアを出す思考プロセスにはシンプルな法則があります。それを知ることで、普段の行動がアイデアを生むための行動に変わります。社員一人一人が、会社が成長するための”アイデアを生み出し続ける力が身に付いたら?”と想像を膨らませてみてください。

思考力の成長には一定期間を要しますが、投資の価値はあるのではないでしょうか。

     

ご提案するプログラムの目的

    

主な目的は以下2つとなります。チーム単位、部署単位、職種単位で目的に合わせ、顕在意識と潜在意識を活用しプログラムをカスタマイズにてご提案させていただきます。

  1. 全社員のクリエイティブ脳(思考力(創造力・問題解決力の向上と強化潜在意識の活用)育成
  2. 業務効率化を図る社内共通ツールとしてのマインドマップ活用(ブレインストーミング法、ミーティングファシリテーション法、マインドマップによる議事録活用、プロジェクト推進への活用など)

   

プログラム内容例

   

目的に合わせ以下をカスタマイズしプログラムのご提案をさせていただきます。

– プロジェクトチーム共有ツールとしてのマインドマップ活用実践

– マインドマッププラクティショナー認定講座(1日)

– 思考活性、主体性を引き出すマインドセットチェンジトレーニング

– 全社員の意識/認識合わせ個別セッション

– チームビルディングのための認識・意識を統一するためのワークショップ

– 発想力・クリエイティブ思考開発プログラム

– 社員の意識を未来に向けるワークショップ

– 相手のニーズを引き出すマインドマップ応用

– マインドマップで効果的なミーティングファシリテーション法

– 本質にたどり着く問題解決のためのマインドマップ活用

– 個人事業視点・マインドセット転換トレーニング

– マインドマップによるブレスト・プロジェクト整理・アイデア創出サポート

– 瞑想・イメージトレーニングアクティビティによる潜在意識の活性

お気軽にご相談ください。

          

お問い合わせフォーム 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。