Profile

photo0000

岡松 春香 Haruka Okamatsu
Playful Journey Planner

思考×感情×意識(顕在意識/潜在意識)に焦点を当て、脳科学と量子力学を応用し、大半の不要な悩みが自然消滅していくアプローチで、私たちが生まれ持ったどんな状況でも生き抜く力となる”本来の創造力”を引き出し、自走するまでをサポートしております。

資格

トニー・ブザン公認マインドマップインストラクター
トニー・ブザン公認記憶法プラクティショナー
トニー・ブザン公認読書法プラクティショナー
ビジネスモデル・デザイナー1級

自由、テクノロジー、クリエイティブな世界と音楽・着物を愛す、自由気ままな一男一女の母。アメリカ留学で日本人の当たり前を良い意味でたくさん破壊され、それから我が道を突き進み今に至る。子育てをきっかけに思考や脳の働きへの関心が高まりマインドマップというイギリス生まれの一流の思考法を学ぶ。自身の活用歴も10年以上。人生におけるあらゆるシーンに活用してきた経験から、思考活性プログラムを開発。世界各国300人以上の人生観をヒアリング&100名以上の思考を深く覗き続け、これまで1500名以上の方へ思考プログラムをお届けし、脳や意識領域への関心が止まらなくなる

脳の力を引き出す方法をあれこれ探し求め、ついに出逢った2020年!”必要な時に必要なものが届く”という最高の脳の使い方をまとめ、”どう生きる?”をテーマに想像を超える創造ができるようになるクリエイティブ脳を3ヶ月で引き出すCreArt Collegeを2020年11月に開校。2021年8月に、受講生の進化に合わせて、”創るを愉しむ”をコンセプトとするPlayful Journeyと改名し、私たちが生まれ持った創造力を引き出す活動をコミュニティとして運営。自分の可能性を探求してみたい!という女性たちの、自己満足を超えた自己実現に向け、創造力を引き出す方法を伝授中。その後2020年の体験により領域をさらに意識探求と活用へも広げ脳と意識を活用した創造力という切り口から能力開発のサポートをしている。



自身の脳と意識探求の体験

中高校時代
頭の良さの違いがなぜ出るのかにずっと疑問を持っていた頃、通販でアルファ波とシータ波の脳波を活用した記憶力装置?を見つけ購入。使ってみると記憶の定着力の高さに驚いた体験が脳への興味の原体験。

高校卒業後
留学に向けた勉強の中でブレインストーミングという手法を知る。これがゆくゆくマインドマップへの興味に繋がる。

大学
アメリカで音響学を専攻。音響の観点から周波数に関しても学びを得ていたが、それが後に脳波の周波数と繋がる。

2009年
息子の誕生をきっかけに脳の力の学びを開始。七田式を知り人や脳の可能性を知り意識を活用するワーク等を実践し大きな変化を目の当たりにしさらに興味と関心が深まる。

2016年
社会人になって数年後マインドマップと呼ばれる世界で20億人もの子どもから大人までが活用する脳内思考をビジュアル化する思考ノート術を知り、自身の数年の経験を経て、インストラクターの資格を取得。アイデアを生み出すためのマインドマップ活用講座をスタートし、受講者の変化を多々目の当たりにする。

2016年
Deepak Chopraさん チョプラ式瞑想を知り毎朝の実践を始め現在も実践続行中。集中力の持ち具合は、瞑想をした日としない日では全く違うなど、様々な変化を体験。

2020年の大きな転換期
Joe Dispenzaさん 背骨が折れても救急車でヒーラーの友人宅に向かいヒーリングで治したというツワモノ。友人に教えてもらった瞑想を科学的に説明している超自然になると出逢い、量子場という概念や身体の仕組みから見た瞑想の作用や意識活用への理解を深め自身も実践し。必要な時に必要なものが届くようになる流れに乗るなど、多々不思議な成果を得る。翻訳者の東川さんのヒプノコーチングを受け、その体験から意識の探求の面白さを知る。

山岡尚樹さん 全脳活性プロデューサー。講座を受講し固定概念の扱い方、無意識のブロック外しや意識活用の概念理解を学ぶ。実践ワークを3ヶ月継続し変化を体験。

その他、医学、科学的アプローチを超え各専門家からアカシックレコードや仏教、エイブラハムやバシャール(人の名前だと思ってました笑)の教えなどの学びも得たことで、長年の疑問だった脳の学びの過程に必ず”宇宙”というキーワードが登場する理由がわかり、2020年の学びを通して全てが繋がる。

  

現在の活動

領域を意識に広げ、現在は人生でフル活用したい創造力を引き出し自走できるレベルまで引き上げるトレーニングプログラムの提供に注力。受講生の中には終了前に自走し始めて羽ばたいてしまい戻ってこない方も(笑) どのような創造が生まれるのかはその人自身のインプットに大きな影響を受けることから、興味は尽きない日々。アイデアが生まれる瞬間が何よりも好き!ということで、自身もあちらこちらのプロジェクトに参加し創造力を探求してます。

アメリカで働いていた時に、スペイン語が話せず言葉が通じなくてもジェスチャーで仕事をしたり、日本で働いていたけれど同僚は全員海外にいる外国人、という職場経験や、海外複数国のメンバーと国内外企業間のプロジェクト推進及びコーディネート業務を経験したことから、その面白さを体験し、海外がもっと近くなるライフスタイルの実現に向け、私たちが生まれ持った”創造力”で繋いでいくプロジェクト発動中。

    

Playful Journeyという概念

留学時代に、「遊びを考える専攻なんだ!」と話す友人の一言がずっと心に残っていて、なんて楽しそうな学問なのだろう!と感じたことをきっかけに生まれたのがPlayful Journeyです。

Playful Journeyとは遊び心溢れる旅路。遊び心って、”余白”がないと生まれないものなのです。現代社会はとにかく忙しいですよね。そのため私たちが生まれ持った創造力が思うように引き出せないのです。Playful Journeyという余白と遊び心をテーマに、人生を再構築し始めると、創造力がどんどん育っていきます。この創造力の本当の素晴らしさを伝えていきたいと思っています。

私自身、ずっと表向きの自分ではなく、素の自分でいられる割合を増やしていきたいと思い続けていました。そしてそれっていつ出るのだろう?と思い返したときに、我が子たちと親子ではなく、”対等の立場”で向き合っているときに素の自分でいることに気づきました。

子どもっぽさ、子ども心、遊び心。

こんなキーワードが、私の中にはずっと存在しています。

創造力を引き出すトレーニングを数年提供してきましたが、このプロセスにおいても、実はそんな子ども心や遊び心が、より良いインスピレーションを与えてくれたりすることも実感してきました。

日本に住んでいるとどことなく無意識に周りの目を気にして自分自身の本来ある姿を押さえ込んでしまいますよね。そこを解放していく手段としても遊び心ってとても有効なのです。その仕組みをPlayful Journeyに盛り込みました。

人は生まれ持ってアイデアを出すことに喜び感じる”。そう聞いてからすべての人が創造力を発揮している世界が見たいと願うようになりました。自分の人生は自分で創ることができる。これまでの社会のルールではそう思えなかったけれど、今はそれができる時代に変わりました。だからこそ、すべての人が心底から自分の人生を創る楽しみ感じている世界にする活動をしていきたいと思っています。

あなたも一緒にアイデアを出す楽しさを感じてみませんか?

Playful Journey詳細はこちら

     


性格

楽観的、自由、好奇心旺盛、めげない、感覚的、積極的、アクティブ、来るもの拒まず・去る者追わず、親しき中にも礼儀あり、変化を楽しむかに座、数秘術8、動物占いは自由なペガサス。

趣味

子どもたちとのお出かけ、海に行く、旅行、温泉、カラオケ、食べ歩き、映画・音楽鑑賞、楽器演奏(ピアノ他)、着物、マンガ(ウサビッチ、名探偵コナン、鋼の錬金術師、BECK大好きです!)、読書など。

好きなArtists

Natalie Portman、Emma Watson、Bridget Fonda、Johnny Depp、Do As Infinity、Mr.Children、倉木麻衣

好きな作曲家(サントラが好き♪)

Hans Zimmer、林ゆうき、野崎良太(Jazztronik)、清塚信也、横山

  

過去活動実績(一部)   

◆過去の外部主催講座
丸の内プラチナ大学:起業をテーマに開催
うらやす市民大学:ライフキャリアをテーマに開催
某人材系企業:キャリア構築をテーマに年に数回定期開催
その他:企業のチームビルディングの一環でマインドマップ講座を開催

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。